22歳童貞女友達ゼロだった俺がモテ男になるまでの話を語る


どうも!至高の恋愛心理学、管理人の非モテのシャークです。

ぶっちゃけた話をすると、私は22歳まで童貞&女友達ゼロの超非モテ男子でした。

中高は共学。
大学は女性の多い文系学部。

にも関わらず、女友達ゼロ&彼女いない歴=年齢。

振られた回数は5回以上。

「女の子との出会いがなかったからモテなかった」
「今まで恋愛に積極的じゃなかった」

という言い訳すら出来ないほどの超絶非モテ男でした。

そんな私でしたが、就活を終えて内定を取った大学四年生のある日。

「このままじゃヤバイ」
「せめて、一度だけでもいいから女の子とイチャイチャしたい」

と思い立ち、死ぬほど努力をして見事モテ男になる事が出来ました。

整形とかじゃありませんよ笑

見た目は、服や髪型など最低限しか変えていないです。

私が変えたのは『中身』です。

具体的に言うと、女性への接し方やアプローチの手法を一から変えました。

…というか、これまで女性への接し方が全然分かっていなかったので、変えたというより覚えた、といった方が正しいかもしれませんね。

その結果、経験人数は10人以上。口説いた女性の数は数知れず。

女性の連絡先は3桁を超えて、ピーク時は週7日、毎日違う女の子からラインが来るほどに!

女性を惹きつける手法を身につければ、こんなにもモテるようになるのか…! と驚きました。

今回は、私のような非モテ男性が、どうやってモテ男になったのか?

その全てを紹介します。

【オススメ出会い特集】
アフィリエイト

女性の口説き方を知らず負のサイクルを抱えていた非モテ時代

私は、それまで女性の口説き方というのをサッパリ知らないまま人生を過ごしてきました。

そこそこモテる男性なら、中高時代に彼女なり女友達が出来て、少しずつ女性との接し方や口説き方を覚えていきます。

そして、女性経験が増えていくうちに、さらにモテるようになっていく…

これが恋愛勝ち組男子の正のサイクルです。

一方、中高時代にモテない男性は、女性の口説き方を知らず、たいして話した事もないのに、いきなり告白をしたり黒歴史を繰り返して恥をかいていきます。

やがて、自分への自信を失い、恋愛でプライドが傷つく事を恐れて閉じこもります。

1:女性に告白しても振られる
2:俺はモテない
3:じゃあ恋愛なんていらない
4:エロゲーやアニメ最高!

…なんて、卑屈な負のサイクルに入ってしまうのです。

私は見事に後者でした。

「高校に入ったら彼女が出来るはず」
「大学に入ったら彼女が出来るはず」
「いつか彼女が出来るはず」

「もう、彼女なんていらない。興味ない!(強がり)」

こんな風に、うじうじと過ごした結果、22歳童貞、彼女いない歴=年齢、女友達ゼロの喪男になってしまったのです。

このまま終わりたくない!と奮起して恋愛と真剣に向き合う

社会人になったら、忙しくなるし、男ばかりの職場だからいよいよ出会いはゼロになる…。

このまま、女の子とイチャイチャする喜びを知らないでいいのか?

私はもう一度、自分に問いかけました。

実は、20歳の時に、PCMAXという当ブログでも紹介しているマッチングサイトを使って、一度女の子とデートをした事があったのです。

参考リンク:PCMAX 公式サイト(R18)

彼女は、見た目も凄く可愛くて、女性との会話が苦手だった私にも優しくしてくれました。
アニメ好きで、アニメ話で盛り上がり、私はあっという間に彼女に惚れてしまったのです。

何度もラインをして、デートに誘って…

しかし、ある日突然、こんな言葉を最後にブロックされてしまったのです。

「ごめん、シャーク君の気持ち、私にはちょっと重い…」

泣きました。

私の無粋なアプローチが、彼女にプレッシャーを与えていたのです。

思い返せば、自分勝手なアプローチで、おまけに距離の詰め方も急で、彼女は怖かったと思います。

もっと丁寧に、彼女を尊重したアプローチが出来ていれば、もしかしたら付き合っていたかもしれません。

それなのに、当時の私は

「絶対両思いだこれ!」
「付き合ったら、どうやってキスしようかな~」

なんて童貞特有のキモい妄想ばかり膨らませていました。

そこに、彼女を幸せにしよう、という気持ちなんて無かったのです。全部、自分本位の一人相撲なアプローチでした。

「もう、こんな自分とはオサラバしよう」

そう決意して、私は行動を始めました。

今のまま、がむしゃらに女の子を口説いても結果は悲惨でしょう。

だから、まずは勉強をしよう。モテ男がどうやって女性を喜ばせているのか知ろう。

そう思い、本屋に行って、恋愛本を片っ端から買って読みました。

ネットで恋愛教材を購入し、勉強しました。

恋愛セミナーも何度か参加しました。

全部で20万近く投資したと思います。

その結果、下記の2つの恋愛教材が一番役に立つと感じ、じっくり読み込みました。

私が選んだ2つの恋愛教材

1つは『テンプレ会話術』という女性を悦ばせる会話術を書いた恋愛教材です。


テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~


テンプレ会話術は「女性に好かれる方程式」と「15の会話テンプレート」を中心としたテキスト教材(PDF形式)です。

絶対に女性にウケる話術のコツ、告白成功率を劇的にあげる手法など、実用的な内容が非常に分かりやすく書かれた教材です。

市販の恋愛本では、具体的な会話例などはありましたが、どうしてもシチュエーションが限定されており、応用するには難しいものばかりでした。

しかし、このテンプレ会話術は『どうやったら女性を心地よくさせる事が出来るのか?』という本質をしっかり説いた上でのテンプレがあり、非常に勉強になりました。

実際、マッチングサイトなどでメールのやり取りをする時は、今でもこのテンプレ会話術の手法を使っています。

競争率が高い場でも、かなりの返信率を誇りますし、なにより最初はテンプレ通りに真似すれば実戦できるので、初心者にピッタリの手法だと感じました。

もちろん、テンプレだからといって、何でもかんでも真似していれば口説けるようになる…という物ではありません。

しかし

「女性と何を話したらいいか分からない」
「会話のきっかけが思いつかない」

というレベルだった私にとって、まさに目からウロコの情報でした。

ボリュームもかなり多く、読み解くのは大変でしたが、身につけた後は女性との会話には困らなくなりました。

おそらく、モテ男は無意識にやっている事ばかりだと思いますが、女性経験のない私にとっては、まさに最強の情報でしたね…。

ありきたりな事しか書いていない恋愛本を買うくらいなら、大ボリュームでしっかり本質を説いた上でテンプレ会話術が書かれた、この教材を買うことをオススメします。

もう1つは
城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』完全セットという恋愛教材です。


元歌舞伎町のNo1ホスト「城咲仁」さんの恋愛教材です。

テキストA4冊子で300枚以上。解説動画は1時間30分以上という大ボリュームの教材です。

女性の脈ありサインなど基礎的なところから、モテる俺様系の特徴と女性心理、シチュエーション別の連絡先の聞き方など、かなり踏み込んだ実践知識が詰め込まれています。

値段は4万円前後と高いですが、恐るべきボリュームと、動画でしっかり解説&身振りまで教えてくれる。

No1ホストの城咲さんが『モテる』という本質を1から理論にした唯一無二の教材…という事を考えると、むしろ安いくらいだと私は感じました。

ホストだから出来るテクニックじゃないの? と思うかもしれませんが、公式サイトのQ&Aにもある通り、城咲さんは『再現性』をかなり意識して作っているため、素人の男性でも身につけやすいスキルばかりになっています。

これでもか!と丁寧に、かつ実践的な恋愛ノウハウを詰め込まれており、私もだいぶ勉強させていただきました。

特にしっかり見てほしいのが解説動画です。

解説動画は、声のトーンや身振りなど、重要な情報がめちゃくちゃ詰め込まれています。

私は動画を何度も繰り返し見て、声のかけ方や身振りを一人で真似ていました。

「技術を盗むなら、まずは模倣から」

という言葉があるように、動画コンテンツを見て真似するのは、かなり有効な手法ですよ。

以上、2つの教材を軸に、私は女性との接し方をまず机上で勉強しました。

マッチングサイトで実戦を繰り返した

しかし、どんなに女性との接し方を勉強しても、実戦で身体に覚えさせなければ意味がありません。

そこで私はマッチングサイトのPCMAXを再び活用して、見知らぬ女性との出会いを探す旅に出ました。

当時は大学四年生の夏休みだったので、ひたすら暇な時間にマッチングサイトで女性を探し、アプローチして、連絡先を聞き、口説いて、デートに誘っていました。

マッチングサイトは、基本的に男性から女性にメールをしてアプローチをするところから始まるのですが、最初の1通2通で女性の心を掴まないと、なかなか次のステップに進めません。

しかし、テンプレ会話術と城咲さんのモテ教材を上手くアレンジして色々試行錯誤した結果、自分なりの口説きテンプレが完成し、それをコピペして送るだけでガンガン出会えるようになりました。

リアルで会ってデートをするのは、やはり最初こそ緊張で上手くいきませんでしたが、自分なりに考えたトークとシナリオで実戦をこなしていくうちに、どんどん口説いてラブホまで行ける打率が上がっていきました。

最終的には、女性の方から「会いたい♥」と言ってくるように仕向けられるようになり、PCMAXではもはや入れ食い状態。エッチもやり放題でした。

恋愛は勝ち組と負け組の格差が凄い…と聞いていましたが、ここまで凄いのかと驚きました。

よくナンパ師が100人斬りと肩書につけていますが、確かに、モテ男のテクニックがあるだけでこんなに入れ食いになるなら100人斬りも可能だよな…と感心したものです。

そして、マッチングサイトで女性と出会い、最初こそ失敗や反省は多かったものの、今までの非モテが嘘のように簡単に口説く事が出来て、無事、童貞を脱出しました。

そして童貞脱出後、なんと、あっという間にセフレが3人~4人と出来て、むしろ女性を管理するのが大変…というレベルになったのです。

当時は調子にのって、毎日マッチングサイトで女性を探し、代るがわる女性と関係を持っていました。完全に遊び人、チャラいヤリチン男になっていました。

でも、誰でもこうなると思います。

だって、今までさっぱりモテなかったのに、急に面白いように「あなたが好き」と女性に言わせる事が出来るようになるのですから。

女性を口説くのって、本当に上手くいくと楽しいんですよ。

揺さぶったり、期待させたり、無茶なことをやらせてみたり…

支配欲や承認欲求が満たされるので、すごい快感でした。もちろんエッチも、色んな子と楽しめるので完全に勝ち組だと調子にのっていました。

ただ、24歳~25歳くらいになると、さすがに飽きてきました。

その後、マッチングサイトで遊ぶのをやめて、堅実な恋愛をするようになり、今では既婚です。

そして、このサイトを立ち上げた…というのが経緯になります。

なお、マッチングサイトの使い方やノウハウは下記で紹介しています。

・マッチングサイトを使って女性との実戦経験を積む方法を教える。出会いが無い人はネットで探すべし

誰でも行動すればモテ男になれます

私はこれまで、一生モテないまま人生を終えるんだろうな~と思っていました。

しかし、あの時、奮起してがむしゃらに行動したからこそ、女の子を口説けるようになり、口説く喜びを知り、そして恋愛に自信がついて人並みにモテるようになったのです。

コンプレックスだった童貞という肩書も消えて、恋愛という新たな喜びを知り、本当に人生が豊かになりました。

「どうせ俺なんて一生モテない」
「恋愛で傷つきたくない」

そんな風に閉じこもっていたら、一生そのままです。

でも、少し勇気を出して行動すれば、私のようにモテ男への活路は見いだせるはずです。

かっこ悪くてもいいじゃないですか。
がむしゃらに、必死になっても良いじゃないですか。

誰だって苦手を克服するのは大変なことです。

けれど、必死になって努力した人だけが、女性の心をキャッチすることが出来るのです。

ぜひ私のように、恋愛教材で勉強し、マッチングサイトで実戦するというシンプルな手法をこなしてモテ男の喜びを知って下さい。

あなたにも、絶対に出来ます。
超絶非モテだった私にも出来たのですから!応援しています。

参考リンク:


・テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~


・城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』完全セット

・PCMAX 公式サイト(R18)

フクロウ さん
今回の記事はいかがでしたか? 当サイトは女性にモテるための知識・テクニックを紹介しています。ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

>> サイトマップ(おすすめ記事一覧)に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする